キッズサッカーチームにおすすめのユニフォームのデザイン

サッカーの試合をする上で最も必要であると言っても過言ではないものがユニフォームです。サッカーは野球やテニスなどと違い様々なデザインのものを着ることが出来ます。例えば襟付きにするか無いものにするか、無地にするかストライプやチェックなどの柄が付いているものにするか、また上だけではなくパンツやストキックングにも個性を出すことが出来、そのレパートリーは無限に作ることが出来ます。その他素材にもこだわることが出来、メッシュ仕様にするのかポリエステルのものにするのかなど様々なレパートリーがあります。特に小学生などのキッズ世代はかっこいいユニフォームを着たいと思っているので、大人の物を作るよりもサッカーチームのユニフォームを作るのは難しいと思います。

かっこよくするために色合いが大事!

そこでどのようなデザインがいいのか、まず色合いに焦点を当ててデザインを考えて行きます。キッズを対象にとすると一色のものより複数色用いているものの方が、人気が出るものになります。ストライプやチェックにすると必然的に2色以上の色を用いることが出来、色を選ぶのにも便利です。しかしこれらのデザインは派手なものになりやすく、好き嫌いが分かれやすいので注意が必要です。そういった場合にシンプルながら複数色が使われている、例えば袖や襟だけ色が違うデザインやサイドにラインが入っているデザインなどです。派手さはないのですが一色と比べてお洒落に見え、当たり外れの少ないデザインに仕上がります。またパンツやストッキングの色を変えるなどの方法もあります。赤いユニフォームの際にパンツだけ黒色、ラインの入ったストッキングにするだけで大きく印象が変わってきます。

文字をどのように入れるかが大事!

続いて他のチームと差別化を作り、なおかつキッズ世代にとってかっこいいデザインを作るには文字を入れていくといった方法です。プロのチームではスポンサーやエンブレムなど様々な装飾品があるのですが一般的なチームにはそういったものが無いためさびしい印象になります。しかし一般的なチームに入れることが出来、入れることで大きく印象が変わる文字もあります。ますチーム名です。このチーム名を漢字で入れるかローマ字で入れるか、縦書きか横書きか、大きく入れるか小さく入れるかなど多くの選択肢があります。続いて背中にネームを入れるか入れないかなどもあります。このネームも苗字を入れるか名前を入れるかなど個性を出せます。背番号を背中だけに入れるか前にも入れるか、パンツにも入れるかなどの数文字を入れるか入れないかだけでこれだけ違いを出すことが出来ます。